2011/05/16

助産師 細川喜美子さん ありがとう!!

私の友人であり、姉であり、仕事の上でいろいろとアドバイスをしてくれる
大事なパートーナーでもあった、助産師の細川喜美子さんが
今朝、3時43分に亡くなりました。

昨年4月にすい臓がんステージ4を宣告され、やっぱり一番大好きな
助産師として最前線で仕事を続けたいという想いから、今年の3月まで
元気に仕事をしていたのですが、今日、とうとう63年の生涯を閉じました。

韓国出張の帰路の途中にお嬢さんから連絡があり、あと1~2週間の命と・・・
そして、翌朝病院にかけつけたところ、病状が悪化していて、あと、2~3日の
命と宣告され、あまりに早い展開に、戸惑いました。

助産師の仕事が大好きな人でした。
次に生まれ変わっても、迷わず「助産師」になりたいと言うほどです。

アイデアマンで、助産の場で活用できる
沐浴シート、体重管理ソフト、カーテン式おっぱいブラなど、他にも
いろいろと商品化を一緒にしてきました。

また、今、全国で開催している「メディカルアロマ講座」も細川さんの
提案から、具体化して約7年間開催しています。
迷った時は、細川さんに相談し、いろいろとアイデアをいただきました。

面倒見がよくて
最初のころは、一緒にセミナー開催に全国を回ってくれました。
そして、いろいろな相談を親身になって聞いてくれ、励ましてくれる人でした。

ひまわりのように明るい、力強い人で
まわりのみんなを魅了し、元気をくれました。
難しいお産も細川さんにかかると、お母さんを励まし安心させて
よいお産へと変えてしまう、「ミラクル細川」といわれるほどの
人間力溢れる人でした。


美意識を持ち、こだわりのある人生を生ききった人でした。
だから、一緒にお買い物にいったり、海外旅行に行くと
楽しい人でした。

亡くなる最後の2日間、足が浮腫んでいたので、
アロマでフットマッサージをしてあげました。


1日目は、精油がなかったので、ホホバオイルだけで、
2日目は、細川さんの好きだった「ネロリとラベンダーオイル」ホホバに
入れてやさしくフットマッサージをしました。


意識がないので、気持がいいのかどうかわかりませんでしたが、
マッサージを始めると、落ち着いてこられて、ご家族の方から
「きっと、気持がいいのだろう」といっていただき、嬉しかったです。

最期に、お世話になった細川さんにマッサージをすることができて
私自身、細川さんの死を受け止めてことができ、次の生に向けて
送り出すことができたように思います。

細川さん、ありがとうございましたm(__)m

また次の世で出会い、旅行や買い物をしましょう!!
きっと助産師として、また活躍をしているんでしょうね!








「 助産師 細川喜美子さん ありがとう!! 」
のお問合せ…


お名前 :
メールアドレス: (必須)
メッセージ: (必須)

4 件のコメント :

  1. はじめまして
    細川さんが最後まで働いていた病院の助産師です。

    細川さんには本当に色々とお世話になりました。まだまだひよっこな私に、たくさんのことを教えてくださいました。

    最後に細川さんにお会いしたのは、5月13日の金曜日でした。しんどいはずなのに、朦朧とする意識の中でさえ、私のことを気遣ってくださいました。細川さんはいつでも周りの人のことを一番に考える、そんな人でしたね。。。

    もっともっと一緒に過ごしたかったです。

    細川さん、本当に今までありがとうございました。
    また会いましょう!

    返信削除
  2. Unknown
    13日、病院のみなさんの写真と励ましを書いたアルバムを持ってきていただいたスタッフの方ですね!
    ありがとうございました。
    私も、ご家族の方と一緒に見させていただきました。
    細川さんがスタッフの皆さんに信頼され、楽しく働いておられた様子がよく分かりました。

    今日、お通夜となります。
    明日のお葬式は、私は大阪でセミナーがあるのでいけませんが、今日は心込めて最期のお別れをしてきたいと思います。

    でも心の中に永遠に残る女性です。

    返信削除
  3. Unknown
    こんにちは。細川さんと一緒に仕事をさせて頂いた事のある看護師です。

    いつもニコニコと、そしてお母さんのような温もり、そして女性として尊敬のできる方でした。

    悲しいとか寂しいとか、そんな気持ちもありますが、偉大な方を失うってこんな気持ちになるんだと感じています。

    よく、「今まで大きな病気もしたことないし、私みたいな人間は、急に病気になって、そして死ぬんだろうねー」と語っていた事がありました。

    現実になってしまうなんて・・・・・
    最期は、苦しまずにすんだのでしょうか?
    とても気になります。

    きっと、多くの皆さんに見守られながら、今日のお葬式となったのでしょうね。

    ありがとう、細川さん。
    いろいろ教えて頂いた事を励みに、私も細川さんのような素晴らしい女性になれるよう、頑張りたいです。

    返信削除
  4. Unknown
    みい様
    ありがとうございます。
    みなさんに惜しまれながら、亡くなられた細川さんですが、皆さんの心の中に行き続けられるんでしょうね・・・

    すい臓がんは最期はかなりの痛さで苦しむと聞いていましたが、入院中(4月1日から入院されていました)、痛み止めも投与されていましたが、よく効いていたのか、強い痛みを訴えることはなく、また5月13日から意識混濁となり、15日からはまったく意識がなくなりましが、その間も苦痛の表情を見せることなく、苦しまずに逝かれました。

    14日は朝から夕方まで、細川さんに付き添いましたが、苦痛の表情は見られず、意識混濁の中でも、つねに周囲に気遣いをされる細川さんらしく、お見舞いにこられると、起き上がろうとされたりして、周囲をハラハラさせてました。

    亡くなられたことは残念ですが、痛みをあまり感じず、ご家族の方に見守られながら、しずかに逝かれて、よかったと思っています。

    16日の早朝、お嬢さんから「母が今、亡くなりました」と連絡をうけ、まだ暗い9号線を車で走り、病院に駆けつけた時は、まるで寝ておられるような表情でした。

    「細川さん!」と呼んだら、いつものように「うん?なに?」って云って、起き上がりそうな感じでした。

    お嬢さんが最期のお化粧を、色々と話しかけながらほどこされて、細川さんも喜んでおられると思います。

    細川さん!ありがとう!!

    返信削除

事前のご質問等はメールでお願いいたします。