2014/02/18

分娩時のラベンダーの活用について

分娩時にラベンダーを香らすことで、分娩を促進すると
いうご報告はたくさんいただいています。











これは、ラベンダーの鎮静効果で、分娩時の緊張を
和らげ、少しの休息の間でも、お母様が深く眠られるので
疲労を緩和させ、リラックスすることから、分娩が進む
ようです。

ラベンダーオイルを入れてデフューザーで香らせたり、みなさん
のアイデアで、小さなテルテル坊主のようなお人形を作って
その頭にラベンダーを1~2滴垂らして分娩室に向かう
お母様にプレゼントされたり、ポプリのようなものにラベンダー
を垂らして枕元に置かれたり、とさまざま工夫をされて、
分娩促進に役立っています。

その中で、先日、ご報告いただいたのは
陣痛遷延の方が、疲労感や不眠を訴えられたときに
リラックス効果目的で、半身浴をしていただいたそうです。

その浴槽に、ラベンダーを2滴ほど垂らすと、浴室全体が
ラベンダーの香りに包まれます。

15分から20分ほど半身浴をしていただいたところ、
浴槽でウトウトされる方もあったそうです。

半身浴終了後、2時間から3時間入眠され、分娩が進み、
早い方では30分後に無事出産され、助産師自身も
「こんなに効果があるとは思わなかった・・・」感想を書かれて
ました。

ただ、もしラベンダー精油を使ってみようと思われた方は
必ず対象のお母様にこのラベンダーの香りがいいかどうか
確認してからお使いくださいね!

嫌いな香りは、ストレスになりますので・・・

もし、ラベンダーがいやといわれた方には、オレンジスィートが
おススメです。

こちらの香りもリラックス効果がありますし、オレンジの香りは
万人に好かれる香りですので・・・

「 分娩時のラベンダーの活用について 」
のお問合せ…


お名前 :
メールアドレス: (必須)
メッセージ: (必須)

0 件のコメント :

コメントを投稿

事前のご質問等はメールでお願いいたします。