アロマの力を医療の現場へ ハーブの力の魅力を医療の現場に伝えたい メディカルアロマを最初に伝えたのはアクションケイだと思っています メディカルアロマ講座のヒラリー先生の熱心な指導風景
女性とお母さんのための 商品の開発もしています

2019/01/11

アロマの香りで赤ちゃんが乳頭混乱???


昨日、名古屋の講座でリピーターの助産師さんから

うわさ的な話で詳細はわからないが
ママに背中のアロママッサージの施術後
赤ちゃんが乳頭混乱を起こし母乳を飲まなくなった
という話を最近聞いたが

そんな事が起こりますか?との質問を受けました。

約15年間、産後のママの乳房ケアとして
背中のアロママッサージを推進してきましたが

・母乳がよく出るようになった
・初期の乳房きん満症状が緩和した


との話はよく聞いていますが、そんなトラブルを聞いた事がなく

早速、ライセンス修了生のグループラインメールで
確認したところ

長年、病院で施術している助産師、看護師さん達から
そんなトラブルは起こった事はない。乳頭混乱は他の要因では、との返事

赤ちゃんは、ママの乳房の乳輪にある皮脂腺、
モントゴメリー腺からのフェロモンの香りで
ママを認識すると言われているので

この乳輪にアロマオイルを塗布しない限り
赤ちゃんに混乱は起こらないと私たちは思っています

それで,乳房が熱を持った時
ラベンダー湿布をしているところがあるので
この湿布が原因では、とメールしたところ

自分の病院でもラベンダー湿布しているが
そんなトラブルは起こった事はない
との助産師さんからの返事

そして、自分達のいままでの経験では
アロマケアで赤ちゃんへのトラブルは起こった事がなく
乳頭混乱は、やはり、他の要因としか考えられない
との結論でした

ただもしアロマケアが原因で
乳頭混乱が起こったということであれば
とうことで考えてみました

1、精油の品質が悪い
香料が入った精油を使用
香料はいつまでも香ります

2、ブレンド濃度が濃い
日本では2%以下の濃度でマッサージを
行うことを推奨しています

私達は授乳前のママに施術する時は
0、5%の濃度またはキャリアオイルだけでの
施術の実施を推奨していますが

治療としてアロマケアを行う欧米では
5%から8%の濃度で実施していると
聞いています

日本のアロマ本でも
たまにこのような濃い濃度での
ブレンドが紹介されています

3、精油ブレンドの勘違い
以前、効果効能だけで精油を選び、ブレンドされている話を聞いたことがあります

レシピどおりにブレンドしたところ
強烈な香りでした

前後関係がよくわからないので
以上のことはあくまでも推測の領域を出ませんが

ただ
精油にも薬効成分がありますので
正しい知識を持って、特に医療分野での実施は
慎重には慎重を重ねて、行っていきたいものです。

2019/01/09

3月度メディカルアロマ講座のご案内です!


3月の講座、まだ九州・広島方面が日程未定ですが
決まったところだけでもお知らせします!

●松山 3月3日(日)
「おっぱいのための背中のアロマリンパドレナージュ講座」

会場 :ひめぎんホール別館
詳細PDF↓↓

●名古屋 3月8日(金)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ基礎講座」

会場 : ウィルあいち
詳細PDF↓ ↓


●静岡 3月9日(土)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ応用講座」

会場 : 静岡産業経済会館
詳細PDF↓ ↓

●東京 3月21日(木)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ基礎講座」

会場 : 東医健保会館
詳細PDF↓ ↓

●仙台 3月23日(土)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ応用講座」

会場 : 東京エレクトロンホール宮城

●青森 3月24日(日)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ基礎講座」

会場 :ハートピアローフク
詳細PDF↓ ↓

●沖縄 3月29日(金)
「おっぱいのための背中のアロマリンパドレナージュ講座」

会場 : 沖縄産業支援センター
詳細PDF↓ ↓

●沖縄 3月30日(土)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ基礎講座」

会場 : 沖縄産業支援センター
詳細PDF↓ ↓

3月の追加の講座の日程が決まり次第、
順次掲載していきます!

1月、2月、3月講座只今受講受付中です!

2月度メディカルアロマ講座のご案内!


ちょっと遅ればせながら
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2月のメディカルアロマ講座開催予定を
ご案内します。

●奈良 2月3日(日)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ応用講座」

会場 : ヤマト会議室(近鉄奈良駅前)
詳細PDF↓↓
https://t.co/4DA1igciGG

●長崎 2月6日(水)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ応用講座」

会場 :長崎県勤労福祉会館
詳細PDF↓↓
https://t.co/Qdplinfcm4

●高知 2月10日(日)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ基礎講座」

会場 : 高知県立県民文化センター
詳細PDF↓ ↓
https://t.co/Udsk0xIVbh

●福岡 2月14日(木)
「看護力・介護力を高める!
  アロマハンドリンパドレナージュ講座」

会場 : JR博多シティ
詳細PDF↓ ↓
https://t.co/SoKuRo7ToL

●岡山 2月15日(金)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ応用講座」

会場 : 岡山県民会館
詳細PDF↓ ↓
https://t.co/sQfIxI2YUh

●名古屋 2月21日(木)
「おっぱいのための背中のアロマリンパドレナージュ講座」

会場 : ウィルあいち
詳細PDF↓↓
https://t.co/D9G7EW3kRF

●東京 2月23日(土)
「看護力、介護力を高める!
  アロマハンドリンパドレナージュ講座」

会場 : 東医健保会館
詳細PDF↓↓
https://t.co/Ka9C5mmP9j

●神戸 2月28日(木)
「浮腫軽減のためのアロマフットリンパドレナージュ基礎講座」

会場 : 神戸市産業振興センター
詳細PDF↓ ↓
https://t.co/2IzlZlvbxW

只今受講受付中です!



2018/12/10

精油を使った褥瘡ケア





島根県の看護師さんの症例です

踵に褥瘡がある方へのケアで
褥瘡の臭いが気になり、
ティートリーとラベンダーを入れたお湯に
踵も浸して、足浴を行いました。

足浴を行えない時には
パットにティートリーとラベンダーを入れた精製水で
スプレーして、褥瘡部分を覆い固定しました。

足浴をした翌日から、褥瘡の臭いが消え
さらにこのケアを繰り返すことで
10日後には、褥瘡部分に肉芽形成が見られるようになりました。

その結果
褥瘡回診をされている外科のドクターから
下腿の外側に褥瘡のある方へ
このアロマケアをするように
指示がありました。

ティートリーは殺菌、抗菌効果があるので
以前から、褥瘡からの浸潤液がある場合
周りの肌を洗浄する際に、ティートリーを
活用しています。

その結果、褥瘡独特の臭いの発生を抑え
さらに、ティートリーの殺菌効果で、
周りの健康な肌を清潔に保つことができるとの
報告があります。(広島県・助産師)

今回の例も
ティートリーの殺菌効果で、褥瘡部分の臭いの発生と
周りの肌への拡大も抑えることができています。

そして、ラベンダーは細胞再生の力があることから
褥瘡部分の肉芽形成がみられるようになったと思われます。

今、徐々にアロマケアが
看護・介護の現場で認められています!







2018/11/28

宮崎で2度目のメディカルアロマ講座を開催!


11月25日、宮崎県南日向にある「渡辺病院」の
多目的ルームをお借りして
「おっぱいのための背中のアロマリンパドレナージュ講座」を
開催してきました。

9月30日にも開催したのですが
台風の直撃にあい、全員が参加できなかったため
2度目の開催となりました。

9月30日は嵐の中でしたが、25日は大晴天!

ご参加いただいた皆さんは
「こんなに優しいタッチなのに背中や肩がすっきりしました」

「いい香りに癒されました!」

「施術中、あまりの気持ちよさに、まどろんでしまいました」

などなど、
前回同様、アロマケアを楽しんでいただけた様子でした。

病院のすぐ前は、眼前に広がる太平洋の大海原!
病院の玄関を出ると潮の香り!!
いいところですね!南日向・・

この病院の看護師のKさんは
当セミナーの15年前の開催当時からのお付き合い

一生懸命仕事の合間に、
ママたちにアロマリンパドレナージュの施術を
続けて来られました。

そして、次を引き継ぐ看護師、助産師さんが
ママたちに施術を始められています!

今、背中のリンパドレナージュは
バックからのアプローチとして
乳房ケアに取り入れられてきています。

背中のリンパドレナージュをすることで
ママの脳内ではオキシトシンがでているので
乳汁分泌のメカニズムにも合致していますね!