2018/02/28

老人福祉施設での、アロマの活用!

山口県の老人福祉施設でのアロマの活用様子が
メールで届きましたので、ご紹介いたします!

今年もインフルエンザが日本国内で猛威を振るいました。

特に施設などで発生すると、
燎原の火のように、次々と感染が広がっていくので
関係者の方は、細心の注意を払って毎年対応されていますね!

山口県のある施設でも今年、インフルエンザが発生しました。

それで、当セミナーを受講された管理者の方を中心として
サンタローザの純正ティートリーを使って
ルームスプレーを作り、居室に散布したり、
ティートリーでうがい水を作って、うがいの励行を実施。

さらに、アロママスクスプレー(ユーカリの香りと森林浴の香り)を
購入されていたので、職員のマスクにアロマスプレーを塗布して
いったところ、

インフルエンザの罹患者は
利用者1名、職員1名で終息したそうで
面会制限のかけずに済んだといわれていました。

精油の持つ自然の殺菌力、
特に、ティートリーは英国では薬として認められほどの
殺菌、抗菌力があり、インフルエンザには力を発揮します。

是非、
多くの施設で精油の力を発揮できる環境になることを
祈っています。



「 老人福祉施設での、アロマの活用! 」
のお問合せ…


お名前 :
メールアドレス: (必須)
メッセージ: (必須)

0 件のコメント :

コメントを投稿

事前のご質問等はメールでお願いいたします。