2012/12/30

アロマケア活用の心

ライセンス講座を修了された助産師さんから、アロマケアを活用していく想いを、したためたお手紙を
いただきましたので、一部をご紹介いたします

「現代社会はストレス社会のため、慣れない子育てに悩み、子育てを楽しめないお母さんたちが
増えています。そのことは、ストレスや肩こり、疲労が増すことにもつながっていると思います。

健康なお母さんには、さらなる健康と癒しを、心が病んでいたり、悩むを持つお母さんには、
少しでも元気になられるように、アロマを通して何らかの支援ができればと思っています。



特に妊娠、出産、産後は薬を使いたくない時期でもあり、広く利用する価値があると思っています。


妊娠、出産、産後に使っても安全な精油、禁忌の精油、さらにハーブのこと、マッサージについて
正しい知識と理解をもって安全に効果的にアロマセラピーを取り入れていきたいと思っています。

私は、産後のお母さんとベビーにかかわることが多いので、お母さんたちの持つ問題と情報を十分に把握し、
理解して症状の改善を図ると同時に、リラックス、癒しにつながるような関わりを心掛けたいと思っています。


アロマは援助者の手で対象者の肌を優しく触れることで、信頼関係、心地よさ、心身の癒しにつながると
思うので、対象者に合った精油を選び、好む香りでマッサージしていきたいと思います。



このアロマケアを活用することで、お母さんの疲労回復、ストレス解消、心身のリフレッシュをはかり、人と人のつながり、
人肌のぬくもりを感じてもらえることでお母さんたちの心に余裕と自信が持てるようになるのではないかと考えています。



そしてお母さんたちが心身共に癒されることにより、子育てが楽しくなり、わが子を愛おしく思えるとおもうので、アロマケアを
積極的に取り入れて、この自然からの贈り物を活用していきたいと思います」


私たちがメディカルアロマ講座を、まず周産期の方を対象として8年前から始めた時の想いが、この助産師さんの
お手紙の中にありましたので、紹介をさせていただきました。




 


「 アロマケア活用の心 」
のお問合せ…


お名前 :
メールアドレス: (必須)
メッセージ: (必須)

0 件のコメント :

コメントを投稿

事前のご質問等はメールでお願いいたします。